PR

私服に革靴がダサい人とそうでない人。失敗しない革靴の選び方の極意

スーツの着こなし
記事内に広告が含まれています。

私服に革靴を合わせた雑誌を見て同じようにしてみたら、

なんかダサい、、

なんかおかしい、、

なんか違和感、、

このように感じたことないですか?
そのように思われた方は革靴の選択を間違っている可能性が高いです!

私服と革靴を合わせてダサい人とそうでない人、そして最適な革靴の選び方をここではお話していきます。
せっかくなら革靴を仕事とプライベートの両方に使えるようにしてみませんか?

私服に革靴がダサい人とそうでない人。失敗しない革靴の選び方

結論から申し上げると、カジュアルよりの革靴を選べば私服にあいます
逆を言えば、フォーマルな革靴を私服にあわせるとダサくなってしまうのです。

ここでは下記をお話していきます!

  • ダサくなる、おかしくなる理由
  • 私服に合わせやすい革靴を見分けるポイント

それではどうぞ。

なぜ革靴と私服がダサい人とダサくない人がいるのか?

突然ですが、想像してください。
半袖短パンのスポーツウェアにビジネス用の革靴を合わすと変だと感じないですか?
多くの方が「おかしい」と感じたと思います。
何を言いたいかというと、こういう事です!

印象が違いすぎる物を掛け合わすと人は違和感を感じる

先程の例えで説明します。

  • スポーツウェア → 運動に使うもの → カジュアル
  • 革靴 → ビジネスに使うもの → フォーマル

それぞれ上記の印象を持っています。
このかけ離れすぎているものを組みあわせているので、違和感があるということ。
つまりダサいと感じるのです!
同様の理由でスーツにカジュアルなスニーカーを合わす着こなしに違和感を感じる方も多いと思います。

私服と革靴の印象を近づけるとダサくならない

では私服に革靴を合わせてもダサくない人はどうしているのか?
次はこれについてお話します!
結論から申し上げますと、下記です。

着ている私服に近い印象の革靴を合わせている。

私服と革靴の印象を近づける事で視覚的な違和感がなくなります。
つまり私服と革靴を合わせてもダサいとならないのです。

革靴の型による印象の違いについて

続いて革靴の形による印象の違いについて解説します!

紐ありはフォーマルよりで紐なしはカジュアル

これも結論から申し上げると紐なしの方がカジュアルになり、私服とあわせやすいです。
紐ありはどうしても紐なしに比べ、かっちりした印象になります。

紐ありにも種類がある。

左が内羽根式、右が外羽根式と言います。
それぞれの特徴はこちらです!

内羽根式

内羽根式の特徴はこちらです。

  • 靴ひもを通す穴と甲の部分の革が一帯になっている。
  • ルーツはスコットランドの王族が作らせた貴族靴
  • カッチリしたフォーマルな印象

外羽根式(写真右)

外羽根式の特徴はこちらです。

  • 靴本体に靴ひもを通すところが上から被さるようになっており、靴に躍動感が出る。
  • ルーツは軍隊用の靴ということもあり内羽根式に比べ少しカジュアルな印象

カジュアルな革靴とフォーマルな革靴の見分け方

今までのお話から革靴は大きく分けて3つに区分できます。

順番で言うと下記になります。

フォーマル ひも付き(内羽根式)>ひも付き(外羽根式)>ひも無し カジュアル

つまり一番フォーマルな内羽根式の革靴を私服にあわせるとダサいということです。

カジュアル度別に見る革靴

次に私服に合わせやすい革靴を数種類ご紹介いたします。
その中でも代表的な革靴をピックアップしました!

ローファー

スリッパのように履けるのが特徴の革靴です。
革靴としてはビジネスとカジュアルの両面使えます。
しかし靴自体の背が高くないので軽快な印象があり、革靴の中ではかなりカジュアルです。
そんなカジュアル感のあるこの靴は夏のスーツスタイルやジャケパンスタイルが定番になっています。

サドル

靴中央の靴紐を通す付近にかけて、馬の鞍(サドル)のように革を切り返したデザインが特徴です。
革の切り替えし部分だけ色が変わっているデザインもあり、かなりカジュアルな部類となります。

ヴァンプ

飾り気がなく甲の部分からつま先に掛けてシャープに曲がっていくデザインのローファーです。
ローファーよりも足を包む部分が大きく、どこかセクシーな印象となります。
この革靴もカジュアルな印象が強く、キレイ目の私服にハマります

プレーントゥ

つま先に装飾が全くないのが特徴です。
この革靴は飾り気がない分、革質や作りの良し悪しが浮き彫りになりやすいです。
しかしビジネスとカジュアルの両面で使いやすくもっともバランスがいい革靴と言えます。

Uチップ

Uチップは甲の部分がU字かV字に切り替えられています。
ビジネスシューズとしてはカジュアルな部類なので、私服にも合わせやすいです。
しかも着用すると、こなれた感じの印象になります。

モンクストラップ

修道士が履いていた靴をルーツにもっている靴です。
ベルトと金属製のバックルでシューズのフィット感を調整できるのが特徴です。
革靴のなかでもっとも華やかさがあります。

まとめ

今回の記事を簡単にまとめました。

まとめ
  • 私服に革靴がダサくならないようにするためには、私服と革靴の持つカジュアルな印象を合わせることが重要。そのためには革靴の特徴を抑えることも必要。
  • 私服に合う革靴:ローファー、サドル、ヴァンプ、プレーントゥ、Uチップ、モンク

以上、ご参考までに^^

タイトルとURLをコピーしました