PR

そのスーツ一生着れなくなりますよ!雨に濡れた後の対処法と予防生地

手入れ方法
記事内に広告が含まれています。

スーツが雨に打たれて濡れてしまった時にこんなことを思わないですか??

  • スーツが痛むのが嫌だなあ、、。
  • 雨に濡れるたびにクリーニングは面倒だなあ、、。

もちろん雨に打たれ、スーツが濡れることはあります。
でもほったらかしにしたらスーツが傷んでしまう、、
最悪、痛みすぎてスーツを捨てないといけないなんてことも、、、
なので本日はスーツが雨に濡れたときの対処方法についてお話します!

この記事でわかること
  • スーツが雨に濡れた時の対処方法。
  • 雨に濡れてしまうといけない理由。
  • 撥水加工があるスーツ生地について。

この雨に関する話は、お客様がよく悩まれていました。
実際に私もお客様から何度も聞かれたものです。

それでは、前置きはこれくらいに本編をどうぞ!

スーツが雨に濡れた時の対処法

まず雨に濡れた時に行う事をお話していきます!

雨に濡れた時にやること

雨に濡れた時は以下のことをやるだけです!

  1. 乾いたタオルで雨を吸い取る。(注意:タオルで擦らない。)
  2. ハンガーにかけて風通しの良いところで乾かす。
  3. ブラッシング

やることは、いたってシンプル!
しかし効果アリなんです。

かなりびしょ濡れになってしまった場合

次にかなりびしょ濡れになってしまった時、やることはこちらです。

  1. 乾いたタオルで雨を吸い取る。(注意:タオルで擦らない。)
  2. ハンガーにかけて風通しの良いところで乾かす。
  3. ブラッシング
  4. クリーニングに出す

1~3まで同じです。
ただ最後の「クリーニング」が一番重要となります。
なぜなら、クリーニングに出さず放っておくと、写真のようになるからです。
(後程、詳しく説明します。)

引用:https://www.global-style.jp/

見て頂いた通り、スーツに凸凹が出来てしまい、ヨレヨレになりますよ!
だからびしょ濡れになった時、クリーニングはとても重要です

雨に濡れるとスーツが痛むだけでなく、見栄えも良くないです!

雨に濡れてしまうといけない理由

雨に濡れてしまうといけない理由はおもに2つです。

  • カビが発生する。
引用:yahoo.co.jp
  • パッカリングが起きる。
引用:https://www.global-style.jp/

濡れたままスーツを放っておくと、ひどい時は写真ような状態になってしまいます。
とくにパッカリングは、あまりひどいと元の状態に戻すのが難しいです。
クリーニングに出しても戻らないこともあるので、本当に注意してください!

撥水加工のあるスーツ

そもそも生地に撥水加工が付いているので、普通のスーツに比べ手入れが格段に楽になります。
ではその機能がついている生地をご紹介していきます。

REDA ATTO

引用:https://www.global-style.jp/

REDA ATTOはこのような特性を持っています。

  • 撥水加工
  • ストレッチ生地
  • 生地が薄い

雑誌にも取り上げられるくらい注目されている生地です。

DORMEUIL 「iconik」

引用:https://www.global-style.jp/

高級服地メーカーのドーメルからも撥水加工の生地があります。

  • 撥水加工
  • ストレッチ性
  • 光沢感も抑えめ
  • 目付250g/mで春秋冬に対応

こちらも先程のREDA ATTOと同じような機能性を兼ね備えています。
ただ生地の厚さも薄すぎず、厚すぎずと丁度良い分厚さで、年間通して着やすいくらいの生地は魅力的です。

御幸毛織

引用:https://www.global-style.jp/

御幸毛織は日本を代表する生地メーカーです。
夏場であれば、かなり薄い生地や赤外線を跳ね返すような生地もあります。
対して冬場の生地では赤外線を吸収するような生地もあります。
特に機能性がある生地が豊富であるので、この御幸毛織は私の一押しですね。

生地に関する補足

私はビジネスマンにとって快適さは重要と考えます。
ご紹介した生地は撥水機能やストレッチ性能もあるものを選びました。
しかしセレクトショップのお店には少ないかもしれません。
なので、先に店員さんに問い合わせてみるのもおすすめします。

まとめ

雨に濡れた時について、簡単にまとめました。

まとめ
  • タオルで水分を吸い取ったら、ハンガーで乾かす。
  • びしょ濡れの時はクリーニングに出す。出さないとカビが発生し、スーツが波打つ。
  • 予防策として、撥水加工のあるスーツを選ぶ。

以上、ご参考までに。

手入れの基本が気になる方はこちらよりどうぞ。
スーツの手入れをしないとか勇気ありますね(笑)手入れは絶対の理由
タイトルとURLをコピーしました