PR

スーツからシャツが出てくるのを無くしませんか?スーツ屋の対応策!

豆知識
記事内に広告が含まれています。

こんな悩み持っている方いませんか?

シャツが出てくるのが気になる!

この悩みと無縁の方もいるかと思いますが、特定の方はかなり気になっていると思います。
そんなシャツが出てくる人は自分の体型が悪いからシャツが出てくるとか思っていないですか?
そんなことを思っている方は安心してください。
あなたが原因ではなく、着ている服になにかしらの原因があるんです。
じゃあそれは何なんだとなりますよね。それをこの記事で解決します。

この記事でこんなことが分かります。
  • シャツが出る要因が分かります。
  • シャツを出にくくする対策が分かります。
  • アイテムを使ったシャツを出にくくする対策が分かります。

それでは本編をお話していきます。

【シャツが出る要因】

シャツが出てくる要因は何個か考えられます。
それぞれの要因をお話していきます。

パンツのウエストがゆるい。

ウエストがゆるいと、パンツとシャツとの接地している面積が少なくなります。
設置面積が少ないので、しっかり留めておくのが難しいということです。
なのでスルスルとシャツが出てきます。

ちなみにパンツが大きくウエストをベルトできつくしめると、パンツの痛む原因となります!

シャツの着丈が短い

シャツの横の部分(👇写真赤丸部分)が大きく切れていますよね。
着丈が短いと横もそれより短いので当然、手を挙げた際に横からはみ出してきます。

【シャツを出にくくする対策】

先程の要因からの対策をそれぞれお話していきます。

パンツのウエストを合わせる。

当然ながらピッタリのウエストのパンツにする事です。
しかし、この悩みの方は既製服で合わないから悩んでいると思います。
なので一つ提案します!

  • 街の修理屋にウエスト詰めをお願いしてもらう

ウエストの目安は親指1,2本はいるとジャストです。
ただしウエスト-3㎝以上と大きく詰める場合は要注意
お尻周りの大きさが小さくなるのと三方詰め(写真)になり普通より値段が上がるからです。

引用:http://chubublog.blog.fc2.com/blog-entry-44.html

(三方詰め:写真の赤丸3部分を詰めるやり方。約5,000円 一方詰め:真ん中の赤だけ詰める。約3,000円)

お尻周りがもともと余裕がないスラックスを履いていらっしゃる方はウエストを詰めるのは慎重になられた方が良いです!
なぜならウエストを詰めるとお尻も詰まるからです。
なので余裕がなくなると座ったときに真ん中からスラックスが破れる可能性が高いんです!

着丈が長いシャツを選んで購入する。

次の対策はこちらです。

  • 着丈が長いシャツを選ぶ。

こうすることで横から出てくることも減ってきます!

シャツの着丈の後ろがおしり隠れるくらいがいいですよ。
実際、スーツオーダーのスタッフはそのように測っています。

【他対応策】

先程の対策が難しい方は、付属品を利用する事により対応する事も可能です。
そのあたりを詳しくお話していきます。

マーベルトゴムを付ける。

引用:https://dmdepart.jp/menssuit-event/suits/

まず一つ目がこちらです!

  • スラックスにマーベルトゴム(👆の写真)をつける

シャツとの接地面の摩擦を多くすることでシャツが出にくくなります。
オーダーではオプション(約1,000円)の所が多いです。
これに関しては店員さんに聞いてみても良いかもしれません。

マーベルトゴムを付ける上で懸念しないといけない事はほぼありません。
強いて言うなら、スーツの着用年数がかなり長い方は、ゴム部分が経年劣化でボロボロになる可能性も。。
しかし、そのような事例はスーツ屋に勤めている時には聞いたことがないので、あまりお気になさらずでいいかと思います。

脇尾錠を付ける。

引用:https://www.vightex.com/new/2017/04/index.html

つづいての対策はこちらです!

脇尾錠(👆の画像)が付いているパンツを選ぶ。(購入を検討している人限定)

これでウエストを縛れるので、ベルトも必要なくなります。
ベストを着る際にベルトに乗っかって見た目が不細工になるときもあります。
しかし脇尾錠でベルトをしない場合それも気にしなくてよくなりますよ^^
またクラシカルなスーツをお好きな方にもおすすめですね。

サスペンダーを付ける。

引用:https://www.vightex.com/new/2017/04/index.html

最後はこちらです。

  • サスペンダーを付ける。

パンツをサスペンダーで吊り下げます。
なのでウエストを気にせず、しかもずり落ちません。

補足:サスペンダーについて

サスペンダーには2種類あります。
サスペンダーを購入するとき、よく確認してくださいね!

サスペンダーの種類
  1. スラックスを挟み込むタイプ
  2. 挟み込み出来ずスラックス裏のサスペンダーボタンを利用して付けるタイプ
2のタイプのサスペンダー

サスペンダーボタンが付いてない場合は、2のタイプは付けれません。
なのでサスペンダーを選ぶときは注意してくださいね!

【まとめ】

シャツを出にくくするをテーマにお話しました。
簡単にまとめると下記です!

まとめ
  • ウエストを詰める。
  • シャツの着丈を長くする。
  • マーベルトゴムを付ける。
  • 脇尾錠を試してみる。
  • サスペンダーを付けてみる

以上、ご参考までに^^

👇ウエスト修理のポイントを知りたい方こちら
タイトルとURLをコピーしました