PR

疲れたおじさんから素敵な男性に変身!スーツの着丈と身幅の合わせ方

スーツの着こなし
記事内に広告が含まれています。

スーツを着るときに全体のバランスを気にしたことはありますか?
バランスが整っていないと、はっきり言ってダサいです!
場合によっては、やぼったい印象おじさん感が出ます。
なので今回はそんなダサくならないようにサイズバランスについて解説します!

この記事を読み終えた後
  • 自身の好みのサイズ感で一番きれいなサイズバランスが分かります。
  • 好みのサイズの合わせ方も具体的に分かります。
  • スーツを購入する際にこの知識を役立れます。

>>サイズバランスを把握している方はこちらの記事がおすすめです。
それだからダサい!1秒で出来るアパレル店員のスーツの着方

スーツのサイズで絶対に外せない場所と合わせ方

本題に入る前に絶対に外してはいけないサイズ箇所があります。
ここは必ずジャストサイズにしてください。
そこで以下の流れで解説します。

  • ジャストサイズにしないといけない場所
  • ジャストサイズの見極め方

それでは解説します。

ジャストサイズにしないといけない場所

スーツのサイズで絶対に外せない所はこちらです!

」はジャストサイズにしないといけない

なぜかというと大きすぎても、小さすぎても見栄えが悪くなるからです。

テーラードジャケットのシルエットと着こなし – 脱ダサ&無難ファッション情報サイト (mensnonhen.com)

写真をご覧ください。
肩が大きいと肩が落ちてだらしなく見えます。
また仕事の出来ないおじさんのような雰囲気にもなります。
逆に小さいと窮屈な感じになり、背中にも皺が入るので無理してスーツを着ているような印象です。

なので肩はジャストサイズにしないといけないのです。
むしろ肩が合っていれば多少のサイズ感はごまかせます!

ジャストサイズの見極め方

ではどうのように見分けるのかをご説明します!
下記の画像のように肩と袖が縫い合わされた所を掴んでください。
つまめる量で適正なサイズか分かります。

スーツのサイズ|かっこよく着こなせる1着の選び方を徹底解説 – CUSTOMLIFE(カスタムライフ) (customlife-media.jp)
適性サイズ

肩のサイズが適性:ひとつまみだけ出来る。

サイズが合っていない

肩のサイズが大きい:ひとつまみ以上掴める。
肩のサイズが小さい:ひとつまみも掴めない。

スーツは肩で着ると言われる通り肩のサイズは重要です。
スーツを購入する際は絶対に外さないでくださいね!

スーツのサイズバランスのとり方

次に「スーツ全体のバランスをとるにはどうすればいいのか?」
これについて解説します!
結論を言うと着丈と股下の長さを調整すること。」が必要です。
具体的にはジャケットの着丈と股下の長さを以下のようにするだけです。

  • 標準のサイズ感:標準の長さ
  • 細身のサイズ感:短めの長さ
  • ゆったりなサイズ感:長めの長さ

これだけでは正直、わからないと思います。
なので各サイズの一番きれいなバランス感を具体的に解説していきます。

サイズのお好みは各個人で違います。
細身がお好きな方がいれば、ゆったりがお好きな方もいます。
ので、サイズもそれに合ったバランスをとる事が重要なんです!

標準サイズのバランス感

標準のサイズ感がお好きな方はこのようにしてください!

標準サイズの綺麗なバランス
  • 着丈の長さ:お尻がちょうど隠れるくらい
  • 股下の長さ:ハーフクッション

写真のようにジャケットの長さとパンツの股下バランスが綺麗です。

標準サイズのメリット
  • 流行り廃りがなく時代の左右を受けづらい事。
  • どのような体型の方も綺麗に見える事。

一番汎用性が高く、使いやすいですよ!

細身サイズのバランス感

細身が好きな方はジャケットの長さとパンツの股下は短めにすると綺麗です。

細身サイズの綺麗なバランス
  • 着丈の長さ:下尻が少し見える長さ
  • 股下の長さ:ノークッション

つまり下の画像のようなサイズ感にしてください。
そうすることで全体的にスッキリしたさわやかな印象となります。

細身サイズの注意点
  • ジャケットの着方がお尻半分以上見えるくらい着丈が短いと海外の方から男性愛者と思われてしまいます。
  • 細身にするとスッキリする反面で華奢な印象も与えてしまいます。
    お勤め先で頼りがいのある上司を演出したい場合は細身よりも標準のサイズ感にすることをお勧めします。

ゆったりサイズのバランス感

ゆったりがお好きな方はジャケットの長さとパンツの股下は長めにすると綺麗です。

ゆったりサイズの綺麗なバランス
  • 着丈の長さ:お尻が隠れる、もしくはお尻よりも少し長めにする。
  • 股下の長さ:ワンクッション

これも下の画像のようなサイズ感にしてください。
そうすることで全体的にどっしりした頼りがいのある印象となります。

私自身の失敗談

ここまで偉そうに言っていますが、23歳の時の私は過去一番ダサいスーツを着ていました(笑)。
どうダサいかと言うと着丈が短すぎだったんです、、、
当時はスーツに関する仕事でなかったのでそんなことにも気づいていません。
しかしこんな風には感じていました、、

  • 「オシャレになると思って購入したのに、何かオシャレに見えないな、、」
  • 「結局、オシャレな人と何がちがうの?」


今はサイズの事を勉強したので、昔のような失敗はもうしないでしょう
ただ知らないだけでダサくなっていたと考えると無知は恐ろしいですね!

今思うとよくあんなダサいスーツよく着てたなと思ってしまいます(笑)

まとめ

最後に全体のまとめです。

まとめ
  • スーツを着用するにあたって肩のサイズはジャストサイズにする。
  • 標準サイズはお尻が隠れるくらいのジャケットの着丈とハーフクッションの股下にする。
  • 細身サイズは下尻が少し見えるくらいのジャケットの着丈とノークッションの股下にする。
  • ゆったりサイズではジャケットの着丈は丁度お尻が隠れるくらいより少し長めで、ワンクッションの股下にする。

以上、ご参考までに^^

タイトルとURLをコピーしました