PR

ジャージみたいに着れるスーツとゴアテックスみたいなスーツ

スーツ生地の選び方
記事内に広告が含まれています。

早速ですが、このような場面はありませんか?

  • スーツで座った時にきつい。
  • スーツが窮屈に感じる。
  • スーツケースの中にスーツを入れたら皺くちゃになった。
  • 雨でスーツがビシャビシャになってしまった。

このような経験をされた方も少なくないはずです。
しかし、この悩みを改善するスーツがあるんです!
そこでお仕事されている方が使いやすい生地というテーマでお話します。
具体的には「ストレッチ生地」、「撥水加工の生地」をご紹介します!

実際にスーツ屋で働いていた時、こんなことがありました。
採寸で立ったり、しゃがんだりを何回も行い、普通のスーツだと少し窮屈に私は感じていました。
そこでストレッチのスーツに新調してみたんです。
すると肩を上げやすいし、しかも立ったり座ったりする採寸もかなり快適になりました!
こんな経験があったので、これはお話しようとなったわけです!

この記事を読めばこんなことが分かります!
  • ストレッチスーツのメリットとデメリットが分かります。
  • 撥水加工のスーツのメリットとデメリットが分かります。
  • ストレッチと撥水加工の生地の代表ブランドが分かります。

私の話はこれくらいに本題をお話します。

ストレッチ素材の生地

引用:global-style.jp

まずおすすめなのがストレッチの生地です。
生地自体の伸縮が私たちにどのような影響をあたえるのかをお話していきます。

ストレッチ生地のメリット、デメリット

まずストレッチ生地のメリットとデメリットです。

メリット
  • 動きやすい。
  • タイトなサイズ感でも窮屈でない。
  • シワに強い。
デメリット
  • クリーニングに弱い。
  • 種類がすくない。
  • 伸びきるとひざが出る。


化学繊維の入ったストレッチスーツをクリーニングする際は注意してください。
なぜならストレッチの機能性が損なうこともあるからです。
なのでクリーニングに出す場合はストレッチ素材であることを伝えてください。

ストレッチ生地が適している方

以下の方には特にストレッチ生地をおすすめします。

  • 外回りの営業職の方
  • 出張が多い方
  • 事務職の方
  • タイトなサイズがお好きな方

ストレッチスーツは当たり前に動きやすいです(笑)。
なので動きまわるお仕事や長時間すわることが多い方はとくにおすすめです。
その他にも出張が多い方にもおすすめです。
なぜならシワになりにくい特性があるので、スーツのシルエットをきれいに保てるからです。

たとえばスーツケースの中にスーツを入れたとしても、普段のスーツよりストレッチのスーツのほうがシワになっていませんよ!

代表的なブランド

最後に代表的なブランドを3つだけ記載しました。
ご参考にしてください。

マイクロファイバースパン
イージーストレッチ

トーニャ 
エストラート

ドーメル
EXELシリーズ

基本的にはこの3つで十分かと思います。
マイクロファイバースパンは安価でポリエステル混合なので割と丈夫です。
トーニャとドーメルはウール100%のストレッチ生地で、光沢があり高級感があります。

もちろんこの他にもストレッチをあつかっているブランドはあるので、店員さんに

撥水加工の生地

引用:global-style.jp

つぎに撥水加工の生地についてお話します!

メリットとデメリット

撥水加工が施されている生地は名前の通り水をはじきます。
この生地のメリット、デメリットはこちらです!

メリット
  • 水をはじくので雨がしみ込みにくい。
  • 汚れが付着しにくい。
デメリット
  • びしょ濡れになるとしみ込む。
  • ドライクリーニングはNG。
  • 洗濯が多いと加工が取れる。

こちらもストレッチと同じでクリーニングに注意してください。
あまり頻度が多いと加工がとれます
なのでこちらもクリーニングに出す際は、撥水加工が施されているスーツということを伝えてください。

適している場面

もちろんですが雨の日に適しています。
雨をはじくことと汚れが付着しにくいことで通常のスーツに比べ手入れが楽だからです。
ただしどしゃ降りの雨では撥水加工では対応しきれません
ご注意ください。

代表的なブランド

最後に代表的な有名ブランドの撥水生地をご紹介します。

ドーメル
アクアプラン

レダ
ATTO

ロロピアーナ
レインシステム

ドーメルとロロピアーナはかなり有名なので記載しました。
たいしてレダは最近雑誌で取り上げられる事が多いのでおすすめにいれました!
ただ雑誌で取り上げられているからでなく、レダのATTOは撥水とストレッチ、防しわなんです。
なのでビジネスマンの方はかなり重宝します。

まとめ

機能性がある生地について簡単にまとめました!

まとめ
  • ストレッチのある生地は伸縮があることで、動きやすく、タイトなサイズでも窮屈感がない。
    さらにシワにも強いので、出張の多い方にもおすすめ。
  • 撥水加工のある生地は雨をはじくだけでなく、汚れも付着しにくい。
  • ストレッチと撥水加工のどちらともクリーニングには注意。

以上、ご参考までに^^

>>各生地メーカーの特徴が知りたい方はこちらのページからお探しください!

タイトルとURLをコピーしました