PR

オーダースーツの最先端⁈納期1週間のスーツ店と対面0のスーツ店!

オーダースーツ店
記事内に広告が含まれています。

スーツを作るならどこがいいの?

このように思われている方も多いのではないでしょうか?
今日は数あるスーツ店の中でも、かなり特徴的なお店をご紹介します!
一つ目は納期が早すぎるスーツ屋
二つ目は1度も接客を受けることないスーツ屋です。

それではお話しています。

【KASHIYAMA】スーツを圧倒的なスピードで仕上げる

引用:KASHIYAMA(カシヤマ)

KASHIYAMAの特徴は何といっても納期です。
他のオーダースーツ店を圧倒しており、業界随一になっています。
そんなKASHIYAMAについて独自の見解を交えながらお話していきます。

KASHIYAMAの特徴

ここではKASHIYAMAの特徴をお話していきます。

最短1週間の納期

引用:KASHIYAMA(カシヤマ)

KASHIYAMAの納期はこちらです!

納期は最短1週間

KASHIYAMAは注文から縫製、配送まで自社で完結しているから早く出来ているとのこと。
早くても仕上がりまで2週間はかかるオーダースーツが多いので、この早さは異常です!
実際、私が勤めていたところは1か月半ほどかかっていました。
しかも受注数が多くなると納期が延びるなんてことも、、、

納期1カ月半で今まで対応していた私には、この1週間という納期は異常でしかないんです(笑)

出張サービスやオンライン注文が可能

引用:KASHIYAMA(カシヤマ)

KASHIYAMAの基本サービスは2つあります。

KASHIYAMAのサービス
  • 店舗サービス
  • 自宅やオフィスへの出張採寸サービス
  • オンラインで注文

店舗に来店できる方のみでなく、仕事などで時間がなく店舗に行けない人もオーダーできます!
つまり店舗に行く手間がなく、好きな時間・場所でオーダーが可能なんです!

またスマホなどからオンラインで注文することもできます
カジュアル寄りのKASHIYAMA EASYでは初回から、ビジネス寄りのKASHIYAMA the Smart Tailorは2度目の注文から可能です!

1年間お直し無料

引用:KASHIYAMA(カシヤマ)

KASHIYAMA the Smart Tailorは、購入後のサイズが合わない場合は、1年間は無料でサイズ調整を行えます
しかも1年以内に体型変化を繰り返したとしても、無料のサイズ調整を何度でもできる事も魅力の一つです。

対してKASHIYAMA EASYもオンラインオーダーで初回購入の場合のみサイズ直しが無料です!

KASHIYAMAのスーツ

KASHIYAMAのスーツ製品には2種類あります。

  • KASHIYAMA EASY:ビジネスでもオフでも使える機能性の高いスーツ
  • KASHIYAMA the Smart Tailor:上質な着心地を追求したビジネスシーン向けオーダースーツ

コンセプトがそれぞれ違うようですので、分けてご紹介します。

KASHIYAMAのスーツタイプ

KASHIYAMA EASY|29,700円~

こちらはビジネスカジュアルに特化した商品で、スーツと言うよりも私服のセットアップに近いです。
私生活に使いやすいようにを考えているため、蓄熱性や撥水性、速乾性、ストレッチ性やウォッシャブルなどの機能重視の生地がメインです。

KASHIYAMA the Smart Tailor|33,000円~

本格的なスーツはこちらの商品です。
スーツは完全に体に合わせないと見栄えがおかしくなりますので、より細かな採寸が必要です。そのためこちらの商品に関しては、初回の方のみ対面での採寸を必要としています。

KASHIYAMA製品に関しての個人的な見解

お仕事でご使用したい場合はKASHIYAMA EASYは私服の要素が強いので、あまりおすすめではありません。
なのでどうしてもお仕事で使用したい場合はジャケパンまでと考えていいかと思います。
お仕事としてのスーツはやはりKASHIYAMA the Smart Tailorになります。

👇KASHIYAMAについて詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

【Suit Ya】シンプルな仕組みかつ対面一切なし

引用:suit-ya.com

一般的なオーダースーツ店は採寸のために必ず来店しないといけません。
しかしSuit Yaは一度も来店なしにオーダースーツを作れるという画期的なお店です。
店員の接客が苦手な方におすすめのSuit Yaの特徴をお話していきます!

Suit Yaの失敗しないためにしている工夫

対面が一度もないので、採寸にはかなり気を付けている印象です。
そんなSuit Yaの採寸方法をご紹介します。

自己オート採寸

自己オート採寸とは何かというとこちらです。

自身で採寸して、その採寸した寸法をSuit Yaに提出する方法

初めての方にはハードルが高いように思えますが、ご安心ください。
採寸方法は動画付きで解説されているので、初めての方でも採寸できます。

また採寸前に希望のスタイル、身長、体重の入力を求められます。
入力後、Suit Yaがこれまでに蓄積したデータから自身の体型に合ったサイズの目安を表示してくれます。
この目安をもとに採寸ができるので、自身での採寸ミスが大幅に減ります。

万が一身長・体重から算出されるサイズ目安からあまりにもかけ離れた寸法の場合、Suit Yaから再確認のメールが届きますよ。

採寸代行

続いては採寸代行です。

Suit Yaにお気に入りのスーツをお送り、自分の代わりに専門スタッフが採寸

送ったスーツをもとにぴったりのスーツを作成してくれるサービスです。

  • スーツのサイズで失敗したくない。
  • 自分の採寸に自信がない。
  • スーツサイズの採寸がとにかく面倒。

こんな方はこの「代行サービス」はピッタリかと思います!

既製サイズから選ぶ

最後はこちらです。

いつも購入している既製サイズでも注文できる

既製サイズはメンズのみのようですが、既製で問題ない方にピッタリなサービスですね^^

会社ごとで型紙が異なります。既製サイズでサイズが同じでも若干着心地が異なることがあるので注意してください!

無料サンプルの生地をもらえる

Suit Yaはこんなことも行ってくれます!

一人最大10枚まで無料サンプル生地を送ってくれる。

生地を直接見たり、触ったりしたい方は生地のサンプルを無料で届けてくれます。

個人的には購入前に無料サンプルを取り寄せることをおすすめします。
理由は写真と実物では若干異なるからです。
スーツ屋の時にブログをあげていましたが、ブログの写真の色味と実物の色味が違うので困った経験があります。


思ったスーツじゃないという事を防ぐためにも生地のサンプルを取り寄せる事をおすすめします。

シンプルな値段設定

Suit Yaは記載されている価格以上に請求される事はほとんどないというのが魅力です。
(オプションがかかる物もありますが分かりやすく記載があるので、大丈夫かと思います。)
理由として通常オプションとして追加料金がかかる仕様を「標準仕様」になっているからです。例えば他店でオプション料金がかかる一例として写真のものがあります。

引用:global-style.jp
引用:suit-ya.com
引用:suit-ya.com

もともと私が勤めていたスーツ屋ではオプション料金はこんな感じです。

  • チェンジポケット→2,000円
  • 本切羽→2,000円
  • お台場→3,000円

Suit Yaではこれらが全て無料というは、自社工場を持っているからこそですね。
しかしベストや裏地、襟の幅を変更するなど、一部有料のオプションはあります
ご注意ください!
(ただし分かりやすく記載があるのでご安心ください。)

Suit Yaに対する個人的な見解

最後にSuit Yaに対してかなり個人的な見解をお話していきます。

スーツのお直し

もしサイズが合わなかった場合、下記の精度があるようです。

ジャストサイズ保証制度を利用できる

どういうものかというと初回の1着目1回に限り、お近くのリメイクショップでサイズお直し可能とのこと。
先に自身でリメイクショップで支払い、その後に最大5000円(スーツ/ジャケット単品/コート)3000円(ベスト/パンツ単品)2000円(シャツ)のSuit Yaクーポンをいただけるようです。

ここでの私の懸念は2つあります。

お直し期間が商品到着から30日以内と短い。

一つ目の懸念点はこちらです。

お直し期間が商品到着から30日以内と短い。

ほかのオーダースーツの店舗に比べ期間が短いです。
商品が到着したら、すぐに試着して確認をおすすめします。

もともと私が勤めていたオーダースーツ店は3か月ありました。
その期間と比較すると少し短い印象ですね。

お直しの対応がSuit Ya独自のクーポン

つぎの懸念点はこちらです。

お直しの対応がSuit Ya独自のクーポン

リメイクショップには自身が支払い、支払い後はSuit Yaクーポンという対応です。
Suit Yaのクーポンなので実質、無料でないのが私の懸念点です。

ただ採寸が細かいので大きく失敗はないと思います。
なので修理代は高額にはならないはずで、おそらく1万円もかからないかと。
しかし、どこのオーダーも共通事項で絶対はないので初回のみ万が一のことを考えておくことをおすすめします。

採寸時に体型補正がない

一般的なオーダースーツの店舗は対面で採寸を行います。
その時スーツを着用してシワが入るなら、そのシワを改善するための補正をしてくれます。
(写真のような感じです。)

補正前のサンプルスーツ
補正後の仕上がったスーツ

なので対面の採寸の方が、その人の体型に合ったオーダースーツを作りやすいです。
しかしSuit Yaにはその工程がありませんので、完全に合うかと言うと疑問です。

ここまでの仕上がりを求められている方にはSuit Yaは厳しいと思います。
しかしシワは気にならない方やサイズだけで良いという人には、このSuit Yaはピッタリです!

👇Suit Yaについて口コミ等もっと知りたい方はこちらの記事がおすすめです

まとめ

KASHIYAMAとSuit Yaを簡単にまとめました。

KASHIYAMA
・1週間で仕上げるという圧倒的な納期で他のオーダースーツを圧倒している。
・店舗だけでなく、出超採寸やオンラインでの注文もできる。
・お直し期間が1年間あり、しかも1年以内なら何度でも無料
・私服向きのはKASHIYAMA EASYは、お仕事ではジャケパンまで。
・スーツはKASHIYAMA EASYでなく、細やかに採寸をするのでKASHIYAMA the Smart Tailorにするべき。
Suit Ya
・納期は普通だが、はじめから対面しなくていいので、接客を受けるのが苦手な方におすすめ。
・いろいろな採寸方法があるので、サイズミスがでないように細心の注意を払っている。
・もしおかしなサイズをSuit Yaに提出しても、確認のための再測定のメールが入る。
・お直しの支払いは実費で、後日Suit Yaで使えるクーポンが送られてくる。
・体型補正がないので完璧なオーダースーツとは言えないものの、気にしない人にとっては問題なし。

>>今回ご紹介したお店の詳しい情報をもっと知りたい方はこちらの記事がおすすめです。
7日待つだけ!業界最速のオーダースーツ店KASHIYAMAの特徴
Suit Yaは最悪⁈全てネット完結のオーダースーツ店の評判とは

※公式サイトで見たい方は画像をクリックしてください。

タイトルとURLをコピーしました