そのベストだったら着ない方が、、、。正しく知るベストの印象と着方

スーツを選ぶポイント

今までの投稿でスーツの着こなし、革靴、靴下についてと着こなす上でのポイントを押さえてきました。なので今回からは着こなしでもアクセントを加えていこうと思います!

そこで本日はベストについてお話していきます!

ベストは最近流行っているので着用している方も多いかと思います。しかし
そのベストを着るタイミングを間違え、偉そうに見られていないですか?
またベストのサイズは正しいですか?ダサくなっていないですか?

そんなことにならないように今回のWEEK12では

そのベストだったら着ない方が、、、。正しく知るベストの印象と着方

というテーマでお話していきます!
この記事を読めば

  • ベストを着るメリットを理解できます。
  • ベストのデザインの種類をすべて分かります。
  • ベストのサイズ選びに失敗しなくなります。

では具体的にどういうことを話すかと言うと、ベストの

  • メリット
  • 着丈、お腹周り、胸周りの合わせ方

を詳しくお話します!

でも、私もこんなことも知らないような人間でした。
昔、サイズ感も分からなかったので、若干大きいサイズを着ていました。
今思うとはっきり言ってダサかったです。
しかしスーツ屋に勤めベストについて詳しくなれました。
それによりサイズや適切な場面でベストを正しく選べるようになりました。

つまりベストのことを知るだけで適切な場面でカッコよく着ることができるようになります!
前置きはこれくらいにして、それでは本編にいきましょう!

ベストを着るメリット

そもそもベストを着るうえで何が良いのか気になるかとおもいます。
なのでベストのメリットを最初にお話していきます!

フォーマルな印象

ベストはもともと防寒着でしたが、次第にスーツスタイルをよりドレスアップするアイテムとして進化してきました。
その機能は今も受け継がれていて、スーツにベストを足すことにより全体的に華やかかつ格調の高いスタイルになります。
なので

  • 結婚式
  • 成人式
  • パーティー

のようなフォーマルな場に適しています。

スタイルが良く見える

ベストはウエストを引き締めて見せる効果があります。つまりスタイルが良く見えます!
濃い色のベストでは特にこの効果が強くでます。

またスーツと同系色のベストには縦のラインを強調してシルエットをスマートに見せる効果もあります。

威厳が出る。

ベストを着用することで大きく変わるのはVゾーンの印象です。
シャツとネクタイで構成されるVゾーンにベストが加わると立体感が生まれます。
この立体感が構築的な見た目となり、男性的な力強い印象を与えます

力強いという事は頼りがいのある印象でもあるので、

  • お勤め先で役職が付いている方
  • 体型が華奢な方。

にとくにおすすめです。

逆に威厳がでるという事は悪く言うと偉そうにみえるという事です。
なので

  • 就活や転職での面接
  • 入社式
  • 目上の方との商談
  • お葬式

などは威圧的な感じに見えるので着用しないことをおすすめします。

ベストのメリットのまとめ
・フォーマルな印象となるので、結婚式や成人式、パーティーなどの場面でハマる。
・ウエストが引き締まるので、スタイルが良く見える。
・力強く頼りがいのある印象なので、役職が付いている方や華奢な方に特におすすめ。

ベストの形

先程でベストにはメリットがあるのはわかって頂きました。
では次に実際にベストはどのような形があるのかご紹介します!
基本の形を4つだけ覚えて頂きます。

ベストシングル

引用:global-style.jp

ラバルドベスト シングル(襟付き)

引用:global-style.jp

ベストダブル

引用:global-style.jp

ラバルドベスト ダブル

引用:global-style.jp

襟無よりも襟付きの方がクラシックな印象となります。
ダブルは重厚感がでますので威厳がでるスタイルとなります。

ベストのサイズの選び方

ベストのサイズはジャストサイズが鉄則です!
なぜならベストのサイズはシビアで、少しでも適性のサイズから離れるとダサくなるからです。
例えばジャストサイズより±2㎝離れてしまったらどうなるかと言うと、

  • お腹周りが2㎝サイズが大きい ⇒ お腹周りがゆるく、ダボダボに見えます。
  • お腹周りが2㎝サイズが小さい ⇒ パツパツに見えます。もしくは座れません。

なので、ベストのサイズ選びは少しのサイズで変わってしまうのでかなり重要です。
では選ぶ際に気を付けるポイントをお話します!

着丈

ドレスシャツが見えないようにするのが鉄則です。具体的には

  • ベルトが丁度隠れるくらい長さ。
  • うしろのベルトループが隠れる長さ。

具体的には左写真の長さになるようにベストを選んでください。

胸周り

胸回りでプラス6~7㎝が適正な余裕寸法とされています。
具体的にどこを見るかと言うと、手を横にまっすぐ伸ばしたときに脇が開き過ぎていないか確認してください。適正なサイズは写真くらいのゆとりが丁度です。

お腹周り

基本的にプラス7~8㎝とされています。
しかし私の採寸の経験から5~6㎝のゆとりで問題ないです。
具体的にどのように確認するかというと座った時にお腹が張らないかを確認してください
なぜなら立っている時は大丈夫でも座るときついという事が多々あるからです。

サイズ感のまとめ
・サイズ感で気を付けるポイントは着丈、胸周り、お腹周り。
・ジャストサイズから外れるとかなりダサくなる。

まとめ

  • ベストを着るとフォーマルかつ威厳が出ます。さらにスタイルが良くみえます
  • デザインはシングル襟なし、シングル襟付き、ダブル襟なし、ダブル襟付きの4タイプ。
  • サイズを選ぶ際は着丈、胸周り、お腹周りに気を付ける。

以上、ご参考までに^^

今回でベストの基本をおさえたので、次回はベストの応用編をお話します。
テーマはスーツとベストの色違いについてです!お楽しみに^^

もしベストを検討されているなら、こういうお店もありますのでご参考までに。
オーダースーツの最先端⁈納期1週間のスーツ店と対面0のスーツ店!
タイトルとURLをコピーしました